コラム

サッカー選手のサインをどうやって手に入れる?サイン入手法を5つ紹介

サッカー選手のサインをどうやって手に入れる?サイン入手法を5つ紹介

 

ブログをご覧いただきありがとうございます!

サッカーにハマりだすと…どうしてもグッズがいろいろほしくなりますよね…

レプリカユニフォーム

タオルマフラー

お気に入りのクラブのグッズ

 

などなど…

お気に入りのクラブの試合を見ていくと次第に押し選手が何人か出てきて…応援したくなってきますよね…

そして選手のサインが欲しくなってきませんか?

僕は、そのスパイラルに見事にはまってしまいました^^;

じゃぁ…みんなどうやってお気に入り選手のサインをGETしているんだろう?

気になりませんか?

みんなどうやって選手のサインをGETしているの?

ここで、ツイッターでアンケートを取ってみました

僕のTwitterでアンケート機能で調査した結果です。

いやぁ…ツイッター便利ですねw

うちのアカウントのフォロワーさんは正統派サポの方が多そうで…

やはり一番多いのは公開練習などのイベントでサインをもらうという正統派な回答が多かったです。

でも…コロナで公開練習やってないやん…

そこでどんなサインの入手法があるか考えてみました

1.オークションでGET!

ヤフオクなどオークションでGETする方法です。

イニエスタ選手のサイングッズだと普通に2万円以上はしますね…^^;

僕も最初はこの方法でGETしました

たまに昔の選手のサインがたたき売りされているのでチェックする価値はあるかも

僕はカズ選手のサインを1000円で

セレッソの柿谷選手、清武選手、杉本選手、山口選手のサイン入りユニフォーム2着をセットで7000円で買っちゃいました^^;

オークションで注意するのは、本物かどうかということ!!

直筆サインといって選手ではなく、出品者がサインしている可能性もありますよ

サインは選手との交流の証ですという考え方からすると、このオークションは邪道だという考え方のファンも多くいます

2.クラブやスポンサー、番組の企画やプレゼントでGET

これは、いわゆる懸賞ですね。

当たるかどうか運次第です。

Twitterなど見ているといろいろプレゼント企画があるので、たくさん応募するのもポイントでしょう。

イニエスタ選手のサインとか本当に欲しいですよ…

3.クラブ公式の企画でGET

こちらは、サインをお金で買うって考えでは、オークションと似ていますが、クラブ公式のモノになりますので本物であることは間違いないです。

大きく、

クラブのショップの企画商品

クラウドファンディングの返礼品

といったパターンがありますね。

クラブでは、ヴィッセル神戸がサイン入りグッズ&ユニフォーム販売をめちゃくちゃやってますw

ヴィッセル神戸の商品企画力はすさまじいです…年間どんなけ商品リリースするねんw

最近では、セレッソも面白い企画商品を出してますね。

 無観客試合で空き席にセレッソのピンクのシャツを設置し、後日購入者にクリーングしたシャツにサインを入れて渡すという企画商品です。誰のサインかはわからないですけど、5000円という価格設定がなかなかうまいと思います。

クラウドファンディングでは、

コンサドーレ札幌が、スポンサー企業と連携して返礼品に地元商品とサイン色紙

ジュビロ磐田もサイン色紙の返礼品

を企画しています

チャナティップ選手や鈴木武蔵選手のサインももらえる?北海道コンサドーレ札幌の企画が面白い。

↑気になる方はこちらの記事も参考に読んでみてください

コンサドーレは大体毎年クラウドファンディングをしてますね

 

僕が買ったヴィッセルの企画商品でGETした小川慶治朗選手のサインユニフォームはこちら↓

4.トレーディングカードでサイン入りレアカードを当てる

他にもサイングッズをGET する方法があります!

それは、Jリーグ公式のトレーディングカードで、サイン入りカードを当てることです。

これは、僕も最近知って、こんなやり方あるんやと思いましたww

大人買いしたのでその時のツイートをどうぞww

 ボックス買いで1-2枚当たる確率です。

上手く飾ると結構カッコいいです。

5.ファンレターでサインカードをGET

最後にあまりお金をかけないサインGET方法です。

それは、ファンレターを書いてサインカードをもらうことです。

サインカードはオートグラフカードと呼ばれ、ドイツブンデスリーガでは、かなりのクラブがサービスとして応じてくれるようです。

イングランドやスペインのクラブはTwitterなど見ているともらえたりそうでなかったり運の要素が大きそうです。

また期間も航空便であることや、シーズン中だったりすると返事が来る期間もかなりまちまちになるようです。

ブンデスが帰ってくる確率が高いとして

長谷部選手、鎌田選手、原口選手などのサインをGETできそうですね。

外国人選手では、ドルトムントのHaaland選手でしょうね。

僕も書いてみようかな^^

Jリーグでは、こういったサービスはしていないです。

公式の見解では、サインは、直接選手と会った時の記念というとらえ方のクラブが多いようです。このあたりはサービスに対する文化の違いでしょうか。

Jリーガーでもファンレターに返事としてサインを返す方もいるようですので、返事をあまり期待せずに書いてみるのはありかもですね。

 

 

以上、5つのサインGET法をご紹介しました^^

ブログランキング参加中!!